AIfield Loading...

AIfield

事業内容

事業内容

AI・IoT導入及びビッグデータ活用におけるデータ分析技術をコアとする分析体制を提供し
幅広い業種におけるビジネス創出プロセスを具現化します

お客様が持つデータや人口統計などの第三者データをもとに、プラットフォームやツールを活用した、リアルタイムでの分析・可視化やAI・機械学習による予測モデルの構築など、既存の課題解決だけではなく、新たな課題を発見し解決することもサポートいたします。

プロダクト
AI人数カウンター

AI人数カウンター

AI人数カウンターはAIで人を検出しリアルタイムに人数の可視化・管理ができる画像解析ソリューションです。

機能
  • AIでカメラに映った人を検出し人数をカウントします。
  • カウント人数・密集度をリアルタイムで確認することができます。
  • 過去3カ月までのカウント人数・密集度情報を確認することができます。
  • 過去データをCSV形式で出力することができます。
  • 高密集を検知時にアラートメールを送信することができます。
メリット
  • コスト削減: 人々の混雑(密集)状況を確認・整備していた人員を常に配置する必要がなくなります。
  • DX推進: カウント人数・密集度情報がデータベースに記録されるため、データ活用が可能です。
  • コロナ感染防止: 高密集を検知・通知することで、感染拡大防止活動に取り組めます。

AI人数カウンターの概要
EDGEMATRIXへ
活用例
商業施設、学校・職場、工場、イベント会場
AI人数カウンター HEAD

AI人数カウンター HEAD

3/22リリース予定


AI人数カウンターHEADはAIで人の頭を検出しリアルタイムに人数の可視化・管理ができる画像解析ソリューションです。座っていて体が隠れてしまう場合や、複数人の体が重なって映るような場合のカウントに適しています。

機能
  • AIでカメラに映った人の頭を検出し人数をカウントします。
  • カウント人数・密集度をリアルタイムで確認することができます。
  • 過去3カ月までのカウント人数・密集度情報を確認することができます。
  • 過去データをCSV形式で出力することができます。
  • 高密集を検知時にアラートメールを送信することができます。
メリット
  • コスト削減: 人々の混雑(密集)状況を確認・整備していた人員を常に配置する必要がなくなります。
  • DX推進: カウント人数・密集度情報がデータベースに記録されるため、データ活用が可能です。
  • コロナ感染防止: 高密集を検知・通知することで、感染拡大防止活動に取り組めます。
活用例
会議室、説明会ブース、待合室、飲食店、美術館
AI人数カウンター CROSS

AI人数カウンター CROSS

3/22リリース予定


AI人数カウンターCROSSは、来店人数管理や通行量調査を自動化できる画像解析サービスです。カメラが人物の動きを追跡し、設定したボーダーラインを超えた人数をカウントします。

機能
  • カメラが人物の動きを検知し、設定したボーダーラインを超えた人数をカウントします。
  • ボーダーライン毎にin,outの2方向の数をカウントします。
  • ボーダーラインは1つのカメラの画角内に3本まで設定いただけます。
  • Webアプリケーションから集計されたデータを表示します。
メリット
  • 人の出入りの調査員を手配、配置する必要がなくなります。また、24時間体制での調査が可能です。
活用例
交通量調査、部屋内の人数カウント、店舗の入店管理、イベントの入場人数
AI人数カウンター 会議室

AI人数カウンター 会議室

AI人数カウンター会議室はAIで室内の人物を検出し人数の可視化・管理ができる画像解析サービスです。カメラが検知した人数をリアルタイムでカウントし、Webアプリケーションからカウントされた人数・密集度情報を確認することができます。

機能
  • カウント人数・密集度をリアルタイムで確認することができます。
  • Web画面で確認できる人数・密集度情報を、多くのカレンダー・メーラーソフトが対応するiCalendar形式で出力することができます。
メリット

従来のAI人数カウンターで実現される密集度情報の検知に加え、
会議室などの設備利用を管理をしている既存のスケジューラに検知情報を取り込むことで、
実績に基づいた利用状況を把握し、空間リソースの再分配に活用することができます。

活用例
オフィス・貸会議室/スタジオ、学習塾
FaceOn

FaceOn

FaceOnは、Teamsをインターフェイスとして、顔認識によって個人を識別、出退勤の打刻を行うことができる画像解析サービスです。ブラウザからアクセスすることで、打刻記録をCSVとして出力することもできます。

機能
  • 顔認証による打刻機能
    Teamsアカウントと紐づけられて登録された顔画像と比較して本人確認を行い、出退勤の打刻を行います。
  • 打刻記録の出力機能
    ブラウザからアクセスすることで、期間やアカウントを絞り込んで、打刻情報をCSVで出力することができます。
メリット
  • Teamsから手軽に使えて出退勤打刻ができ、顔認証も行っているので信頼性の面でもより質の高い勤怠管理が行えます。
活用例
在宅勤務、コミュニケーションツール策定中または変更予定の組織
DOMO

DOMO

DOMOは、お客様のデータ活用を推進するビジネス最適化プラットフォームです。

DOMOの概要

DOMOは、複数のシステムに分散しているデータへ接続し統合することができます。リアルタイムなデータの可視化や共有やアラートといった機能による活用が可能で、データ・ドリブンな意思決定が可能です。

DOMOの概要
動画を見る
公式サイトへ
活用例
店舗分析や顧客分析における意思決定の迅速化、分析データのコラボレーション
モバイル空間統計

モバイル空間統計

モバイル空間統計は、ドコモの基地局情報を使用して作成される人口統計情報です。日本全国の国内居住者の人口だけでなく、ローミング情報をもとにインバウンドの人口も把握することができます。

モバイル空間統計とは
  • お客様が選定した地域やエリアの1時間毎の人口を把握することができます。
  • 国内居住者を対象に、どこからどこへ何人移動したかが分かります。エリア内に滞留する人口と、エリア間を移動する人口を判定することが可能です。
  • 性、年代、居住エリアなどの属性を付与することができます。またdポイントクラブアンケートの情報と掛け合わせることで、様々な属性を付与することも可能です。
  • 訪日外国人の滞在人口や移動人口が、国・地域別にわかります。
  • 平休日別や季節ごとの集計など、調査期間を柔軟に設定することが可能です。
モバイル空間統計の概要
動画を見る
公式サイトへ
活用例
商圏分析、イベント分析、観光客分析、まちづくり、防災計画、インバウンド分析

※「モバイル空間統計」およびそのロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。

KDDI Location Data

KDDI Location Data

KDDI Location Dataは、個別に同意を頂いたauのスマートフォンユーザーの端末から定期的に取得したGPS情報を使用して作成される人口の統計情報です。

KDDI Location Data の概要
  • 数分単位で取得されるGPS情報から詳細エリアの人口を作成することができます。またau通信サービス等のご契約や申込情報から正確な属性情報を付与することが可能です。
  • 特定エリアにおける滞在人口やメッシュ間を移動する人口を提供することができます。
  • 過去の人口だけではなく、AIを活用することで、未来のメッシュ単位の人口を予測することが可能です。
公式サイトへ
活用例
出店計画、運航路線の最適化、警備人数の最適化、新施設の検討

※「KDDI Location Data」はKDDI株式会社の商標または登録商標です。

Repro

Repro

Repro Webは、ユーザー分析・Web接客・セグメントメール配信によってカスタマーエンゲージメントを実現する1to1マーケティングプラットフォームです。

Reproの概要

Webサイトに訪問したユーザーの行動データと属性データを活用し、1to1のコミュニケーションを実現します。目標にいたるまでの離脱ポイントの分析やリピートに影響する行動を分析し、ユーザーが迷っているタイミングで適切なメッセージを表示・ABテストすることが可能です。また、サイト内行動に応じたメールの出し分けも可能。カゴ落ちの防止や興味のあるカテゴリの新着商品のお知らせを、必要なユーザーにだけ配信することが可能です。

  • Reproの概要
  • Reproの概要
公式サイトへ
活用例
EC、動画サービス、ポータルサイト、サービスサイト

お問い合わせ

各種ご相談・お問い合わせは、電話または下記お問い合わせボタンよりご連絡お待ちしております。

閉じる
閉じる